領収書発行の業務効率化と経費削減をクラウドで実現する【WEB領収書発行サービス】

お申し込みはこちら

ようこそゲストさん

ログイン
  • HOME
  • ご利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に基づく表記

ご利用規約

ご利用規約

第1条(本規約の適用範囲)
本規約は、本サービスを第3条第1項に定めるご利用者様が利用する場合に適用されます。ただし、本規約に定めのない事項については、当サービスがryoshusho.comドメイン内のページで別途公開する内容・説明が適用されるものとします。

第2条(定義)
本規約における用語の定義は、次のとおりとします。
「ウェブ領収書」とは、当サービスの利用に係る領収金額等の情報を含む電子ファイルをいいます。

第3条(ご利用者様)
1.本規約において「ご利用者様」とは、領収書ドットコム規約及び本規約に同意の上、領収書ドットコム規約に従ってご利用者様登録を正常に完了し、当サービスがウェブ領収書発行サービスの利用を承認した者をいいます。
2.当サービスは、ご利用者様による本サービスの利用をもって、ご利用者様が本規約を承認したものとみなします。

第4条(本サービスの内容)
1. 本サービスは、領収書ドットコム規約に定めるコントロールパネル(以下「管理画面」といいます。)上で、ご利用者様が利用した当サービスについて、次の各号に掲げるサービスを提供するものです。
(1)ウェブ領収書の作成・登録・閲覧・送信・データダウンロード
(2)当サービス所定の形式によるデータ検索及び集計等

2.当サービスは、ご利用者様と領収書受取人の間で当サイト所定の方法で、ウェブ領収書の発行及びウェブ領収書を授受・閲覧・ダウンロード等を行うことができるものとします。
3.当サービスは、ご利用者様が本サービスを利用する場合は、当サービス指定の方法にてご利用いただくことができます。

第5条(料金)
1. 本サービスに係る料金は、別途料金表に記載されているものとします。また、管理画面への接続及びウェブ領収書発行システムのご利用ためのインターネット接続料、通信料等については、ご利用者様が負担するものとします。
2. 当サービスは、ご利用者様に対する事前の通知をもって、料金を変更することができるものとします。

第6条(本サービスの利用登録)
ご利用者様は、本サービスを利用する際は、領収書ドットコム規約に基づき付与される認証情報(領収書ドットコム規約に定義されるところによります。以下同じです。)を使用して管理画面にログインし、管理画面上の本サービス専用の登録画面において、当サービス所定の方法により、あらかじめ本サービスの利用登録(以下「利用登録」といいます。)を行うものとします。また、ご利用者様は、パスワード等をご利用者様の費用と責任において厳重に管理するものとし、パスワード等の管理不備、使用上の過誤、第三者の不正使用等が原因でご利用者様が被った損害の責任は、ご利用者様が負うものとします。

第7条(本規約の変更)
当サービスは、ご利用者様に事前の通知をすることなく、本規約を変更できるものとします。この場合、当サービスは、当サービスホームページ又は管理画面への掲載等、当サービス所定の方法により、変更された内容をご利用者様に告知するものとし、告知後にご利用者様が本サービスを利用した場合は、ご利用者様が変更後の本規約を承認したものとします。

第8条(本サービスの利用設備等)
1. ご利用者様は、本サービスを利用するために必要となる適切な環境・機器・ソフトウェア等(以下「利用設備等」といいます。)を自らの責任と負担において準備・設置し、使用するものとします。
2. ご利用者様が、利用設備等の不具合等により本サービスを適切に利用できない場合、又はそれによりご利用者様又は第三者に不利益又は損害等が生じた場合でも、当サービスは一切の責任を負わないものとします。

第9条(通知メールの取り扱い等)
1. 当サービスからご利用者様に対してインターネットを介して送信される当サービスから送信される各通知メールは、破損又は滅失する場合があります。この場合において、当サービスは一切の責任を負わないものとします。
2. 通知メールが、システムの保守もしくは障害等により、又はご利用者様のメールボックスの容量不足、電波状態の悪化等により不達、遅延した場合において、当サービスは一切の責任を負わないものとします。
3. 当サービスは、通知メールが通知先メールアドレスの宛先不明等により正しく到達しない場合など、当該通知先メールアドレスが存在しないと合理的に判断した場合は、通知メールの送信を中止できるものとします。
4. ご利用者様は、通知先メールアドレスその他ご利用者様情報に変更があった場合は、速やかに当サービス所定の方法により変更の手続きを行うものとし、当サービスは、当該変更手続きが行われなかったことにより、ご利用者様が不利益を被ったとしても、ご利用者様及び関係する第三者に対し、責任を負わないものとします。

第10条(本サービスの停止・中止)
1. ご利用者様は、領収書ドットコム規約に基づき、当サービス所定の手続きを行うことにより、退会できるものとします。この場合、ご利用者様は、退会手続後、退会手続現在の契約をもって本サービスを利用できなくなるものとします。
2. ご利用者様は、事由の如何にかかわらず、領収書ドットコム規約に基づくご利用者様資格を喪失した場合には、本サービスを利用できなくなります。
3. 当サービスは、ご利用者様の経営状況もしくは信用状態が著しく悪化した場合、又はご利用者様が当サービスに対する支払を遅延した場合等、ご利用者様による本サービスの利用が不適切であると判断したときは、ご利用者様に対する事前の通知、催告等を要せず、いつでも本サービスの利用を停止、又は中止することができるものとします。
4. 当サービスは、ご利用者様による本サービスの利用が不適切であると判断した場合の理由等についての説明等について、一切の責任を負わないものとします。

第11条(本サービスの内容変更及び廃止)
1. 当サービスは、ご利用者様への事前の通知なしに本サービスの内容や名称を変更することができるものとします。 また、この場合に、ご利用者様に不利益又は損害が生じた場合でも、当サービスは一切の責任を負わないものとします。
2. 当サービスは、ご利用者様に事前に通知することにより、本サービスを停止又は廃止することができるものとします。ただし、ご利用者様への通知は、当サービスホームページ上で公表するものとし、その期間は10日間以上とします。また、この場合、ご利用者様に不利益又は損害が生じた場合でも、当サービスは一切の責任を負わないものとします。

第12条(本サービスの一時的な中断)
当サービスは、次の各号のいずれかの事由が生じた場合は、ご利用者様への事前の通知なしに本サービスの提供を一時的に中断することができるものとします。また、この場合に、ご利用者様に不利益又は損害が生じた場合でも、当サービスは一切の責任を負わないものとします。
(1)本サービスを提供するための設備等の保守、点検、修理等を定期的に、又は緊急に行う場合
(2)火災・停電等により、本サービスの提供ができなくなった場合
(3)天災地変、戦争、内乱、暴動その他の不可抗力により、本サービスの提供ができなくなった場合
(4)その他運用上又は技術上、本サービスの提供の一時的な中断が必要であると判断した場合

第13条(IDおよびパスワードの管理)
1.当サービスは、ご利用者様に本サービスを利用するうえで必要となるIDはご利用者様本人が自身で準備・登録するメールアドレスを利用するものとします。また、パスワードはご利用者様に本サービス登録時にご利用者様本人が指定したものを利用するものとします。ご利用者様は、これらIDおよびパスワードを適切に管理する責任を負うものとし、本規約に定める範囲を超えてIDおよびパスワードを使用してはならないものとします。
2.ご利用者様によるIDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はご利用者様が負うものとし、当サービスは一切責任を負わないものとします。
3.ご利用者様のIDおよびパスワードを第三者に利用させる等、これらを不正に使用する行為、またはその恐れのある行為をしてはならないものとします。
4.ご利用者様は、IDもしくはパスワードの失念、漏洩があった場合、またはIDおよびパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに当サービスにその旨を連絡するとともに、当サービスからの指示がある場合はこれに従うものとします。

第14条(本サービスの責任)
1.本サービスは、ご利用者様が支障なく本サービスを利用できるよう、本サービスを運営するよう努めるものとします。
2.本サービスは、ご利用者様による本サービスの利用、利用不能、またはメール送信の遅延、誤配信、改竄、文字化け、意図しないトラブル等、さらにご利用者様の登録情報、並びにウェブ領収書の受領者情報の損失、流出、改竄、文字化け等により被った不利益又は損害等について、一切責任を負わないものとします。
3.本サービスは、ご利用者様に対し、本サービスの提供に関して、全部または一部の登録データの確実性、正確性等本サービスの内容・品質に関して何ら保証するものではないものとします。また、当サービスは、それによる不利益又は損害等について、一切責任を負わないものとします。
4.本サービスは、ウェブ領収書の受領者、その他第三者からの苦情、問い合わせ等に対応すること、またはご利用者様が指定する先に取り次ぎを行う行為等、第三者に対して直接対応する義務を負わないものとします。

第15条(使用記録の利用)
当サービスは、当サービス利用に関してご利用者様から提供された情報を、その情報主体のプライバシー等正当な権利に配慮の上、当サービスその他当サービスが提供するサービス向上のために利用することができるものとします。

第16条(譲渡について)
ご利用者様は、本サービスの利用に関わる権利及びアカウントを移転又は譲渡することができないものとします。ただし、当サービスは、当サービスの判断により、これらを制限なく譲渡することができるものとします。

第17条(紛争の解決)
1.本規約または当サービスに関連してご利用者様と当サービスとの間で問題が生じた場合には、ご利用者様と当サービスで誠意をもって協議するものとします。
2.誠意ある協議により解決しない場合、当サービスの所在地を管轄する簡易裁判所または地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第18条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。

2012年3月1日 制定
2012年12月20日 改定
2013年8月27日 改定
2013年12月4日 改定

領収書発行システム新規お申し込みはこちら

お問い合わせ/資料請求はこちらから

資料請求
お問い合わせ